GUIDANCE身体障害者の方へ

50年の実績 
すでに1万3千人以上の身障ドライバーが巣立っています

  あずまえん(東園)自動車教習所(一般財団法人東厚生会が運営)は、50年前に身体障害者のための自動車運転教習を始め、 身体に障害のある方々が日本全国から集い、今までに1万3千人を超える身体障害者ドライバーが卒業しています。

  全国から入所するため、都心である池袋から電車で20分の位置にあり、最寄駅である東武東上線志木駅、西武池袋線ひばりヶ丘駅、 東京都府中市から千葉県へ東西に走る武蔵野線新座駅にはエレベーターが設置され、駅前から随時送迎車を運行しています。

  埼玉県公安委員会が指定するいわゆる公認の実地試験免除の教習所で、 現在では身障者と健常者がともに集うノーマライゼーション実践の場にもなっていて、 今では身体障害者の方は全国各地から毎年100人を超える方が入所しています。

 あずまえんの指導員は、全員が身障者教習の経験が豊富で、情熱を持ってお教えしています。必要に応じて、手話学科教室を開くこともできます。

  あずまえんには、左手動装置車、右手動装置車、左アクセル車など身障者用教習車、さらに左アクセル、左ウインカ一、足踏みウインカ一、 延長ペダルなども用意してあります。

  それ以外の特殊な改造をご希望の方は、ご相談いたします。お気軽にお申し付けください。

現在コロナの影響により、受け入れを制限させて頂きます。

身体障害者の方専用プランスタートしました。

  • 通学
詳細は上記をクリックし、料金表ページをご覧ください。
どちらのプランも技能教習完全マンツーマン制!教習のご相談は随時担当指導員及び窓口でお伺いいたします。

取得のご相談から入所までの流れ

身体障害者用の改造装置等

  • 手動装置
    (フロア-タイプ)

    手動装置
  • 手動装置
    (左コラムタイプ)

    手動装置
  • 延長ペダル
    (かさ上げ11センチ)

    延長ペダル
  • 左アクセル
    (はねあげ式)

    左アクセル
  • 足踏みウィンカー

    足踏みウィンカー
  • 丸型旋回装置

    丸型旋回装置
  • 棒状旋回装置

    棒状旋回装置
  • 左ウィンカー

    左ウィンカー

教習には標準車両(ブルーバードシルフィ)をご用意いたしていますが、 多くの障害をお持ちの方が教習を受けられるように、改造車両・装置を多数用意しています。

教習開始前の見学も受け付けております。
お気軽にご相談ください。

入所までの手続きQ&A(身体に障害のある方、身長が140㎝以下の方)

Q.あずまえんに入所したいのですが、どうすればよいのですか?
自分が住んでいる地域の運転免許試験場で、まず適性審査をうけることが必要です。
あなたの障害の程度によって、まず運転できる能力があるかどうか、運転できるとすればどのような装置のついた車で運転したらよいか調べるためです。
Q.適性審査は有料ですか?
すべて無料で相談に応じてくれます。その際、次のものを持参してください。
 
  • 身体障害者手帳 (身長140㎝以下で身体に障害のない方は不要)
  • 住民票(本籍地の記入されているもの)1通
  • 写真(2.5cm×3.0cm)2枚
  • 認印(インク式のもの不可)
  • バイクなどの運転免許証(持っている方)
試験場によって持参するものが多少違いますが、これだけそろえてあれば受け付けてもらえます。
Q.いつ試験場に行ったらよいのですか?
各試験場によって、相談日と時間が決められているので、直接試験場に問い合わせてみて下さい。 視力(0.7以上)と視野(150度以上)に不安がある人は試験場で検査を受けて下さい。
適性審査票には有効期限(都道府県によって違います)があります。なるべく教習開始予定日の3ヶ月前、以 降に受けてください。
Q.試験場の相談が終わったら、どうなりますか?
相談結果の通知書を発行してくれるとともに、提出した住民票は本人確認のあと返してくれますから、 それにあずまえんの申込書と障害者手帳の障害名を記入した面のコピーを添えてあずまえんへ持参するか郵送してください。
Q.あずまえんには、身障者コースが2種類あるそうですが?
一般の身障者コース(教習生と言います)と、厚生労働省認定の運転能力開発訓練コース (訓練生と言います)の2種類があります。
教習生は健常者と同じようなスケジュールで教習を受けられます。
Q.その二つのコースはどう異なるのですか?
一般の身障者コースの方は通常の教習スケジュールと同様に受講いただけますので、ここでは訓練生のケースをご案内いたします。

【身体障害者・訓練制度<自動車運転科(訓練生)>】

訓練内容

身体障害者の方を対象にした普通自動車運転免許の取得と教育訓練である社会参加・就職をサポートします。

募集人員

毎期15人(年間60人) 4月・7月・10月・1月の3カ月ごとの入所です

応募資格

  • 身体障害者手帳をお持ちの方(聴覚障害・内部機能障害・身障手帳取得予定の方を含む)
  • 公共職業安定所(ハローワーク)に求職している方(職を探す方)
  • 運転適性相談票

住所地の運転免許試験場(免許センター)で交付されます。
内部障害の方は必要ない場合があります。運転免許試験場(免許センター)でご相談ください。

訓練期間

3ヵ月間(通所のみ)
※週5日間 5時間の訓練

費 用

この制度では教習料金は無料になります。ただし、傷害保険、運転適性検査、運転免許資格試験に必要な検定料金など約76,550円は自己負担になります。
送迎バスはご利用になれません。公共交通機関の利用は実費にてお願いいたします。

就職相談

3訓練期間中にハローワークと連携して就職に備えます。

申込方法

ハローワークで相談後、①職業訓練受講通知書の交付を受け、 ②身体障害者運転能力開発訓練センター入所申込書、③運転適性相談票、 ④身体障害者手帳の写しを提出してください。(郵送も可)

Q.まず教習生のことを教えて下さい。教習期間と費用はどのくらいかかりますか?
個人差が大きく作用しますので、はっきりしたことは教習に入ってみないと分かりませんが早い人は3週間程度の教習期間となります。
料金はこちらの料金表をご確認ください。(https://azumaen.or.jp/price/
Q.費用の納入はどうすればよいのですか?
まず必ずあずまえんに来所頂き、入所手続きをおこないます。
支払い方法はこちらhttps://azumaen.or.jp/price/payment.html)。
Q.今すぐ短期間に免許が取りたいのですが、訓練生として入所できますか?
それはできません。教習生 (有料)なら入所できます。 この場合、市区町村の障害福祉課や福祉事務所等へ事前に連絡しておくと、収入、 障害等級にもよりますが運転免許取得助成金の支給対象になる場合があります
Q.費用の納入はどうすればよいのですか?
まず必ずあずまえんに来所頂き、入所手続きをおこないます。
支払い方法はこちらhttps://azumaen.or.jp/price/payment.html)。
Q.免許は持っているのですが、中途障害になり、また車を運転したいのですが?
まず運転免許試験場で臨時適性検査を受けてください。何らかの条件がつく場合もありますが、 そのときはその条件にあった車であずまえんで練習になります。 この場合、学科・技能とも試験はありません。技能は最低2時限以上乗っていただきますが、規定時間数は特に設けていません。 ご自分で自信がついた所で終了することもできます。
Q.まず教習生のことを教えて下さい。教習期間と費用はどのくらいかかりますか?
個人差が大きく作用しますので、はっきりしたことは教習に入ってみないと分かりませんが早い人は3週間程度の教習期間となります。 料金はこちらの料金表をご確認ください。(https://azumaen.or.jp/price/)
Q.費用の納入はどうすればよいのですか?
まず必ずあずまえんに来所頂き、入所手続きをおこないます。
支払い方法はこちらhttps://azumaen.or.jp/price/payment.html)。


教習のご案内

ページのトップへ戻る