To privent tailgating妨害運転(あおり運転)に対する罰則創設等について

令和2年6月10日に公布された道路交通法改正の一環として、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。こ
令和2年6月30日以降、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となります。
違反した場合、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。  
また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。  
さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなります。
免許取得後は教習中に身に着けた安全運転と方遵守の精神でこの法律に抵触しないよう、優良運転を心がけてください。

警察庁からの啓蒙ポスター/リーフレット



教習のご案内

ページのトップへ戻る